生理痛 症状 改善 薬以外

生理痛 症状 改善 薬以外

市販の鎮痛薬は一通り試したけれど、あまり利かないほどの痛み

 

毎回、生理の1〜2日目にひどい生理痛を感じます。市販の鎮痛薬は一通り試しましたが、どれも効きが悪く、多少聞いたとしても数時間しか効果が持続しないため、1日のうちで何度も薬を飲まないといけませんでした。あるとき、夜中に尋常でない痛みを感じ、救急病院にかけこんだときもありました。年々この生理痛がひどくなり、何か婦人科系の病気があるのではないかと心配になったので、婦人科にかかりましたが、特に病気は見当たりませんでした。その後は定期的に婦人科へ通い、ポンタールという強めの鎮痛剤を処方してもらっています。最近では市販されるようになった、ロキソニンでもあまり聞きません。ただしこの強めのポンタールという薬は、どうしても胃が荒れがちになってしまいます。「痛くなってからでは飲むのは遅い」と医者にも言われたため、生理が始まった瞬間から飲み始めるのですが、食事後ではないときもあるので、胃が荒れてしまいます。また、なるべく早く飲みたいというときでも、なかなか生理が始まりそうなタイミングに気付くことができず、飲み遅れることもあるので、そういうときはもうこの薬もなかなか効きません。

 

出来てしまった妊娠線にかかる費用とその治療法とは!?妊娠線は、一度できてしまうと薄くなることはあっても完全に消えることはありません。ですが、できてしまった妊娠線をそのまま放置していても、きれいに薄くなることは無いので、何かしらのケアが必要です。こちらから→http://www.yongda123.com/entry8.html

 

生理痛などの悩みに加え、身体の様々な部分に悩みを抱えている方は多いと思います。
美容や健康、ダイエットなどに効果のある水素水に頼ってみるのもおすすめです。

生理痛を酷くしていた原因は、ストレスでした

 

特に病気があるわけでもなく、食事や運動などの条件が変わらなくても、仕事が忙しくなったりしてストレスが溜まると、生理痛が強くなりがちということがだんだんわかってきました。体を温めて普段から血行を良くしておく、生理前に甘いものを食べ過ぎない、コーヒーやお酒を飲みすぎない、睡眠をしっかりと摂る、といった基本的な生活習慣から体質を改善するのは当然やってきましたが、それだけでなく、なるべくストレスを溜めない生活を心がけています。それまで激務だった仕事をやめ専業主婦の生活になると、自然と生理痛が軽くなり、強い鎮痛剤を飲むのは一回の生理で1度程度、市販の薬も効くようになり併用できるようになりました。普段はたいして気にならなくても、知らない間にストレスが蓄積され、それが顕著に出るのが私の場合は「生理痛」なので、なるべくストレスは溜めないように生活しています。どうしてもストレスを溜めてしまうような生活から逃げられなくなったときは、整体や鍼灸院などにいって体質を改善するという方法にもチャレンジしたいです。

こちらの記事も人気です☆